ゲルマニウムの知識などを中心に健康・ダイエットを考え、情報を提供するブログです。小遣い稼ぎもちょびっと・・・

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲルマニウム温浴サロンで使っている機械にはお湯と有機ゲルマニウムが入っていますが、定期的に水の交換やPHの調整が必要です。

有機ゲルマニウムは体内の老廃物を一緒に体の外へ排除してくれる事は
ご存じ?ですよね。

という事は老廃物がお湯の中にプカプカ・・・。
そりゃーお湯も汚れてしまうってもんです。
なのでお湯の総入れ替えが必要なのですが、これがお店の考え方次第というかモラルというか姿勢というか・・・。

ひどいお店になると温浴している間に”プ~ン”と香しいにおいがするんですね~、そんなお店は効果など期待出来ませんから二度と行きませんよね。

最近はUV殺菌しているお店なんかもありますね。

やはりこれだけ流行すると、利益重視のお店が出てきて当然と言えば
当然。ゲルマニウムは目に見えないだけに含有濃度なんてお客側からは分からないですからね。

photo080.jpg

スポンサーサイト
ゲルマニウム温浴の施設って今はたくさんありますね。
その中で何処が良いのかとなると・・・?
何を基準に選べばいいのかな~なんて思いません?
お店の雰囲気、接客態度、清潔感、アクセスなどでしょうか

ゲルマニウム温浴のお店で一番大切な事は、やはり”効果”ですよね?
その効果は、機械の中で循環しているお湯の”ゲルマニウム濃度”によるとお店の方が言っていました。
どういう事かというと、お湯の中に有機ゲルマニウムを溶かし込んで
いるわけですが、一回入れると何万円もかかるそうで
お店によって濃度がまちまち、人が利用する事でゲルマニウム自体も目減りしていき、補充しなければならないのですがコストを押さえるため
そのままお湯だけを足していくという状況がある様です。

その他、衛生面からもいろいろな絡みがあるそうで
続きはまた後程、更新します。
ゲルマニウムの温浴には血行促進、新陳代謝効果により、次のような症状に効果があります。

 ・肩こり・腰痛冷え性・打ち身・捻挫・リュウマチ・不眠症
 ・高血圧・にきび・しみ・アトピー性皮膚炎・婦人疾患・関節炎
 ・手足のしびれ・糖尿病・その他慢性の症状

有機ゲルマニウムを足をつける温浴器のお湯に溶かし込み使用するの

お風呂にゲルマニウム含有鉱石またはゲルマニウムボール(ゲルマニウムを人工的に含有させた物)をいれるものなどがあります。



トップメニューへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。