ゲルマニウムの知識などを中心に健康・ダイエットを考え、情報を提供するブログです。小遣い稼ぎもちょびっと・・・

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
lourdesgrotto_s.jpg


ルルドの泉
スペインとの国境に近い南フランス、ピレネー山脈の麓の町“ルルド”。
このルルドは、奇跡の起こる町として有名です。
その奇跡とは、ルルドにある泉の水を、身体にかけたり飲んだりすると、不治とされている病が治るというのです。

ルルドの泉の歴史は、西暦185年にまで遡ります。
その年のある日、ルルドの泉の近くに住むベルナデッタという14才の少女は、聖母マリアに出会い、ルルドの泉は聖水で、難病に苦しむ人に与えると効き目があるという、お告げを受けたのです。
この話は、たちまちフランス全土に伝わりました。
現実に、肺にできた大きな空洞が、ルルドの泉に身体をひたしただけで完全に治癒してしまったなど、数々の奇跡が起こりました。
現在も、年間300万人もの人たちが、この地を訪れています。

このルルドの泉には、実は高濃度のゲルマニウムが含まれていることがわかりました。
つまり「ルルドの奇跡」は、実は「ゲルマニウムの奇跡」だったのです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。