ゲルマニウムの知識などを中心に健康・ダイエットを考え、情報を提供するブログです。小遣い稼ぎもちょびっと・・・

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有機ゲルマニウムに全く副作用や毒性がないことは、各機関の調査によって証明済みです。

ただ、ゲルマニウム療法を続けていると、しっしん、発疹、患部の痛み発熱、下痢などの反応が出ることがあります。

これはめんけん(瞑眩)反応といい、漢方医学に昔からあるもので
快方に向かう前兆の好転反応です。

瞑眩反応が出れば、治癒や改善の始まりであり、むしろ喜ぶべきものだと言えます。
瞑眩反応は、放置しておけば自然に収まりますので心配はいりません。

とあります。

漢方の世界では、体の悪い箇所が良くなる反応を
「めんけん現象」とか「好転反応」といいます。

漢方の治療ではこれを「めんけん反応」と呼び、漢方薬を使用する際に現れる治療に先だった一過性の症状といわれ
漢方では「めんけん無くして効用なし」とまで言われています。

日本の古典、高慢斎行脚日記下巻に
「もし、めんけんせずば、その病いえず」とあり、
薬の効き目は「めんけん現象」があって初めて確認でき
これは病気が治る先駆けであることを著しています。

「好転反応」は、「アレルギーや副作用」とは別のものというのが一般的な定説です。

人間の体は、活性酸素などによって酸化され、それが病気や老化、皮膚障害の原因となります。

しかし酸化された体は、抗酸化物質を体に取り入れる(食事などでと、
まず初めに体に残留している有害物や生体に不要な異物、老廃物を排泄しようとする浄化作用が働きます。

次いで、細胞を蘇らせる新生作用が働きます。
すると細胞は、本来の機能を回復するので、免疫力や抵抗力を高め、
自然治癒力を回復させて体の悪い箇所を修復します。
この浄化作用や新生作用が「好転反応」といわれるものです。

「好転反応」は、長期間起こるものではありませんので、
数週間以上続くものはアレルギー反応や有害物によるものが多く、
栄養補助食品類の中にも、品質管理の悪いものによくみられるので
注意が必要です。



トップメニューへ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gerumansan.blog41.fc2.com/tb.php/11-ad14a525
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。